0-21三菱東京ufjではデビットカードのサービスが提供されています。このカードは、同じカードブランドのクレジットカードと同じ様に使用できるカードのことで、三菱東京ufjの場合はJCBデビットとVISAデビットの2種類のカードブランドのものが提供されています。

クレジットカードとの違いですが、クレジットカードというのは使用した翌月などにまとめて使用した分の金額が引き落とされるというものです。

したがって、一時的に借金をしている状態にもなりますので、クレジットカードを作成する場合にはカード会社からの審査に通らないといけないなどの条件があります。

デビットカードの場合は、一部タイムラグが有る場合もありますが、使った金額は原則その場で引き落としとなり、デビットカードと紐付けしてある三菱東京ufjの口座の残高分しか使うことが出来ません。

預金残高の範囲内なので使いすぎの心配がないので、電子マネーのような感覚で使うことが可能です。使用できるお店は、一部を除き国内外のJCBもしくはVisaの加盟店なのでネットショッピングで使用することも可能です。

小銭が増えることもないですし、インターネット上で利用履歴などを確認することが出来るのでお金の管理もしやすくなります。利用金額に応じてキャッシュバックやポイントの付与などもあるので現金で使うよりもお得です。

デビットカードランキングも利用してみましょう。また、海外のATMで現地の通貨として引き出す事が出来るので海外旅行の時にも重宝するでしょう。

使用した際にすぐにメールが届くので、携帯電話などを連絡先に指定しておけば不正利用などがあった場合にもすぐに気付くことが出来ますし、ショッピング保険や不正利用補償などといったサポートもあるので安心です。

クレジットカードを作ることが出来ない人はもちろんですが、クレジットカードを持っている人も普段使いにはデビットカードを使用して、大きい買い物をする時にはクレジットカードを使用するなど使い分けをすることも可能です。

紛失してしまったり使えなくなってしまった時は?

0-29三菱東京ufjのデビットカードは、日本に住んでいる中学生以下を除く15歳以上で三菱東京UFJ銀行の口座を所有している人であれば申し込みをすることが出来ます。

基本的には審査などはなく申し込みから1週間から10日程度でカードが手元に届き使用が可能な状態になりますが、過去に利用代金や年会費などの支払いを行わずに会員規約に基づき退会となった口座の場合は発行することが出来ないので注意が必要です。

カードが使えなくなってしまった場合ですが、利用代金は年会費の支払いが問題なく行われている場合にはICチップの不良や磁気不良などカードが破損してしまっている場合が考えられます。

それ以外にも、紛失してしまったり、盗難にあってしまった場合などに関してはカード再発行を行う必要があります。

カードの再発行方法と再発行時の注意点

0-06三菱東京ufjのデビットカードを紛失や破損してしまった場合の再発行方法ですが、まず盗難や紛失の場合は手続きを行う前に早急にデビット紛失・盗難受付デスクまで連絡して利用停止の手続を行う必要があります。

海外で無くしてしまったり盗まれてしまった場合にはVISAデビットであれば緊急カードの発行も可能です。この緊急カードは、1枚につき10000円+消費税の手数料が必要となりますが、2~3日程度で受け取ることが出来るので長期滞在の際などにやむを得ない場合に便利です。

通常の再発行手続きの方法ですが、デビットデスクまで連絡するという方法が基本です。近くに本支店がある場合には本支店の窓口でも再発行手続が可能です。

手続きを行う際に必要なものですが、免許証などの身分証明書・キャッシュカードまたは通帳・届出印が必要となります。また、紛失・盗難の場合はカード再発行の手数料も必要となるので注意が必要です。

新たなカードが発行される時に、紛失・盗難の場合やデビットデスクで手続きをするとカード番号の変更が行われます。カード番号が変更となると、以前の番号では決済することが出来なくなります。

通常のお店で使用する場合には問題ありませんが、何らかのサービスの月会費で使用している場合や、通信販売・公共料金の支払い等にカード番号を登録している場合、そのままでは決済することが出来ません。

それらの変更は各サイトやサービスにおいて自身で変更の手続きを行わなければならないので注意が必要です。また、三菱東京ufjではVISA認証サービスやJ/Secureといったオンラインショッピング認証サービスにも対応済みです。

オンラインショッピング認証サービスはカード番号などのカード情報に事前に届けたパスワードを合わせることで不正利用を防ぐ本人認証になるのですが、カード番号が変更になった場合にはこちらも再度登録し直す必要が出てきます。